ネックウォーマーの作り方TOP
Advertising

ネックウォーマーの作り方

寒くなるとあったか小物が欲しくなりますよね。
子供達に可愛いおしゃれなネックウォーマーを作りませんか。
マフラーよりもネックウォーマーの方が駆け回る子供達にとっては首に絡む心配がなく、
自分でも簡単に脱ぎ着ができるのでとても便利です。
冬小物というと編み物のイメージがありますが、ファー生地を使えばミシンであっという間に作ることができます。
作り方も簡単なので兄弟、姉妹、親子でお揃いのネックウォーマーなんてどうでしょう。
ファー生地以外にもフリース生地なんかでもいいですね。
今から冬が楽しみになりそう♪

ネックウォーマー

ネックウォーマーの図面

ここでは子供用のネックウォーマーのサイズを紹介しています。
大人用サイズを作るには内側の生地の縦の長さを16cm、横を61cmにして下さい。(ファー生地サイズ)
外側の生地もそれに合わせて、縦は+2cm、横を+10cmします。

もちろん好みや体系に合わせて、自由にサイズを変えて調整してみてください。

キッズネックウォーマー図面

内側の生地と外側の生地の長さを1cm変えていますが、ファーが外にはみ出るようにわざと計算しています。
必要なければ同じサイズの物を合わせればいいと思います。

外側の生地は二種類使うとおしゃれ感アップします。もちろん一種類でもいいですし、もっと合わせてもいいでしょう。
その際は内側の生地の長さに合うようにして下さい。

生地を選ぶ

今回は内側の生地にファー素材の生地を使いました。

ファー素材の生地

外側は二種類、暖かそうな色の起毛プリントの生地とウールネップツィードを選びました。

ウールネップツィード

ネックウォーマーは頭からかぶり首周りにフィットさせるため、伸縮性のあるものを選びましょう。
頭を通るときに伸縮性がないと付けるのが窮屈になります。

外側の生地には柄物とシンプルな色を二種類合わせるとおしゃれな感じに仕上がります。
また、最初にワッペンやタグなどを付けるとさらに可愛くなります。

生地を裁断する

生地を裁断するときは柄がある生地は縦、横に注意します。

ファー素材を裁断するときは浮かせて切るとファーがふんわり綺麗なカットができます。
また、伸縮性のある生地なのでカットはゆっくりと引っ張らないように気をつけます。

ファーがたくさんほつれてきますので、丁寧に扱うようにしましょう。

11.JPG

生地の縫い方

1、最初に外側に使う生地をつなぎ合わせます。中表に縫い代1cmで合わせます。

生地の縫い方1

2、次に内側の生地ファーと外側を合わせます。生地を伸ばさないようにゆっくりと進めます。

生地の縫い方2

3、全ての生地がつながったら輪にします。真ん中のつなぎ目がずれないようにすると綺麗に仕上がります。
  生地が重なる部分は割るようにして縫っていきます。

生地の縫い方3

4、開いている部分を閉じます。
  半分に畳んだ状態で、上、下一枚づつめくり、そこは縫わずに、外側の生地(☆)の部分を上下で合わせて閉じます。

生地の縫い方4

  丸まっている部分を引き出しながら、一周縫い合わせます。
  最後に裏返すので、裏返すための穴を3、4cm残して終わらせます。

生地の縫い方4-2

5、穴の中から生地をひっぱりだし、裏返せば出来上がりです。
  最後に穴を手縫いで塞いでください。

生地の縫い方5

完成です♪

ネックウォーマーの完成

生地を縫うときのポイントはこちら。

> ネックウォーマーの生地を縫うときのポイント

ネックウォーマーが完成!

可愛いくておしゃれなネックウォーマーのできあがりです。
色違いで二つ作りました。

可愛いくておしゃれなネックウォーマー

簡単に作れるので、ぜひ兄弟姉妹で、親子でどうぞ。
寒い冬も楽しみになりますね。

ネックウォーマーの作り方のポイントはこちら。

> ネックウォーマーの作り方のポイント

Advertising
Copyright (C) ネックウォーマーの作り方. All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。